しじみサプリの効果を最大限に引き出すために

しじみサプリメントを使えば、お酒を飲むときや飲み会のときの頼れるサポートとなります。

しかし、しじみサプリを使えば、どんなにお酒を飲んでも大丈夫!というわけでは、もちろんありません。

いくらしじみサプリを使ったからと言って、悪酔い・二日酔いを起こしてしまうような飲み方をしてしまっては意味がありません。

やはり、お酒を飲むときには悪酔いしないような、ちゃんとした飲み方をした方が良いです。

ちゃんとした飲み方をした上でしじみサプリを使えば、相乗効果でさらに気持ちよくお酒を飲むことができます。

しじみサプリの効果を最大限に引き出すための7つの対策!

1. 空腹でお酒を飲まない

空腹、つまり胃の中に何も入っていない状態でお酒を飲むと、アルコールが早くに吸収されてしまいます。

また、空腹の状態では胃酸が胃壁を傷つけるので、胃もたれやむかつきなどの原因にもなります。

お酒を飲むときはお摘まみなどをしっかりと食べ、胃の中に食物がある状態にしておくことが大切です。

スポーツバーやワインバーなど、あまりたくさん食事を取れないような場所では、飲み会の前にコンビニでおにぎりなどを購入して軽く食べておくことも一つの手です。

とにかく、空腹の状態でお酒、特にアルコール度数の高い強いお酒を飲むのは、悪酔い・二日酔いを起こしやすい最悪の飲み方です。

2. 睡眠不足などの体調不良の状態でお酒を飲まない

ある程度の量のアルコールを体内で分解する場合、それなりに体に負担をかけることになります。

それなのに、寝不足や風邪などの体調不良の状態でお酒をたくさん飲んでしまうと、さらに体を疲れさせてしまうことになります。

体調不良の上に空腹なんて、お酒を飲むには最悪のコンディションですね。

飲み会の前にはしっかりと体調を整えておきましょう。また、風邪などを引いて調子が悪いのであれば、キャンセルするのも一つの手です。

3. ちゃんぽんをしない

ちゃんぽんをすると同じアルコール度数、同じ量の単一の種類のお酒を飲んだ時よりも、肝臓に負担がかかります。

ビールとチューハイぐらいなら問題ありませんが、ウイスキーや焼酎などの強いお酒や、日本酒やワインなどの醸造酒をちゃんぽんするのはかなり危険です。

飲み会の席ではついいろいろなお酒を飲みたくなるかもしれませんが、なるべく同じようなアルコール度数の、2、3種類のお酒にとどめるようにすると良いでしょう。

4. 日本酒や赤ワインなどの醸造酒は避ける

日本酒や赤ワインなどの醸造酒は、ウイスキーや焼酎などの蒸留酒よりも悪酔いしやすいと言われています。

実は、蒸留酒は醸造酒をさらに純化したものなので、醸造酒の方がより多くの不純物を含んでいます。

不純物が多いほど、アルコール分解の過程で肝臓に負荷がかかり、悪酔いや二日酔いを起こしやすくなります。

日本酒や赤ワインを飲むと悪酔いするという方もいると思いますが、その理由のひとつがこれです。

特に日本酒や赤ワインを飲むときは、量を少なめにするなど、何らかの対策をすると良いでしょう。

5. 水やスポーツドリンクを適度に飲む

アルコール分解では水分が消費されるので、お酒を飲んでいるときに適度に水を飲むことは大切です。

また、胃の中にアルコールが残っている場合は、水で薄めることで体内への吸収を遅らせることもできます。

お酒を飲んでいる最中に水を飲むのは基本中の基本。

簡単に実施できるので、毎回意識して行うようにすると良いでしょう。

また、水よりもスポーツドリンクを飲むとさらに効果的です。

スポーツドリンクには糖分が含まれていますが、実はこの糖分はアルコール代謝で消費されます。

お酒を飲むと甘いものが欲しくなることがあるのは、糖分が消費されて、不足した分を体が欲するからです。

なので、たくさんお酒を飲むときは、水ではなくスポーツドリンクやジュースなどを飲むようにすると良いでしょう。

6. グレープフルーツジュースを飲む

実は、スポーツドリンクだけでなく、グレープフルーツジュースも悪酔い・二日酔い対策に良いと言われています。

グレープフルーツにはフルクトースと言われる糖分が豊富に含まれています。

先ほど説明したように、アルコール分解には糖分も必要となり、グレープフルーツのフルクトースはアルコール代謝をサポートします。

また、グレープフルーツにはビタミンCも含まれていますが、ビタミンCもまたアルコール分解に大きく関わっています。

最近では、ビタミンCを主成分とした二日酔い対策サプリも販売されているほどです。

さらに、グレープフルーツには、肝臓の負担を軽減するイノシトールと呼ばれる成分も含まれています。

グレープフルーツジュースは普通に居酒屋や飲み屋で注文できるメニューに入っていることが多いと思うので、悪酔い対策に飲むと良いでしょう。

7. 睡眠薬などの薬を飲まない

お酒をたくさん飲み過ぎてしまうと、熟睡することができなくなってしまいます。

だからと言って、睡眠薬に頼るのは危険です。

睡眠薬の多くは肝臓で代謝されます。

つまり、アルコール分解で負担がかかっている肝臓に、さらにダメージを与えてしまうことになります。

お酒を飲んだ後は、薬などは飲まないようにするのが基本です。

簡単にできる悪酔い・二日酔い対策にくわえて、しじみサプリで完璧。

上に挙げた7つは、誰にでも簡単にできる悪酔い・二日酔い対策としてよく知られています。

自分の限度内の適量のお酒なら、上の7つの対策を行うだけで十分に悪酔いを避けることができます。

ここでさらにしじみサプリメントを使えば、翌朝はすっきりと気持ちよく起きられる可能性がグッと高まります。

もちろん、普段よりも多めにお酒を飲むときに予防的にしじみサプリを使うのもオススメです。

ただし、自分の限界を遥かに超えた量のお酒を飲むのは厳禁。

いくら上に紹介した7つの二日酔い対策を行い、しじみ対策サプリメントを使っても、翌朝はひどい二日酔いに襲われることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です